女性医師が提供する人生を豊かにする矯正治療 ステラ矯正歯科女性医師が提供する人生を豊かにする矯正治療 ステラ矯正歯科

東京都江戸川区一之江7-73-11Casa一之江1F

矯正治療に関する不安・疑問

矯正治療は失敗することもあるの?

矯正治療は歯科医師免許を持っている医師ならば誰でも行うことができる治療です。そのため残念なことですが、歯科医院過剰の現代、矯正治療によるトラブルが増えています。
また矯正治療の目標設定(ガタガタを取る。奥歯でしっかり噛めるようにする。など)はそれぞれの医師により違います。中には目標設定があまりにも一面的である場合があるとの報告があります。そのために、治療後に患者さん自身が「思っていたのと違う…」と感じるケースがあるようです。

大人の矯正治療
例えばAさんの場合

2年前に矯正治療が終わったのですが、口が閉じられなくなってしまって…がんばって口を閉じると顎にシワがよってしまうし、友達からも怒ってる?と聞かれてしまいます。前歯で噛み切ることもできなくて食べにくいし、話す時にも息が抜けてしまうんです。

もともとは、歯のガタガタを気にされて矯正治療を決心されたそうです。
お口の中を拝見するとガタガタを並べた分、歯が外側に傾斜して出っ歯になっている状態でした。

また、奥歯のズレがあるために前歯がかみ合わず開いてしまっています。
口元のバランス、前歯のかみ合わせを改善するため上下の歯を抜歯して治療をおこないました。
治療後には口元の出た感じがなくなり、バランスの良い口元になりました。

お子さまの矯正治療
例えばAさんの場合

小学校3年生の時、一般歯科の先生に前歯のガタガタが気になると相談したところ、大人の歯が並ぶスペースが無いと言われて、上の顎を広げる拡大床装置を使用することになったそうです。
数年かけて装置を使用して上の顎を広げていきました。先生の言う通り、上の前歯はガタガタがなくなりキレイに並んだのですが、なんだか口が閉じにくく、前歯で物を噛み切ることもできません。また、奥歯の噛み合わせも不安定でどこで噛んでいいかも分からない状態になってしまいました。先生に質問すると、「歯並びは治っています。噛み合わせはよそでやってもらってください。」と言われてしまいました。

お口の中を拝見すると、上顎の歯並びが下顎よりかなり広がっていて奥歯のかみ合わせがすれ違ってしまっていました。
また、ガタガタを並べた分、前歯は外に広がってしまい、出っ歯の状態でした。
そしてもともと下顎の成長が少ないため奥歯の前後のズレがありましたが、それに関しては手付かずでした。
結局、もう成長はほとんどない時期なので口元のバランスを整え、しっかりかみ合わせを作るために上の歯を2本抜いてワイヤーとブラケットで治療を行いました。
余分な治療費と貴重な時間がかかってしまいました。

お二人の問題点です。

・ガタガタは永久歯のサイズに対し土台である骨が小さいと起きます。ただ、成人では顎の大きさは変えられません。成長のあるお子様でも顎の骨を広げられる量には限界があります。それを超えると、歯が外側に傾斜してしまい、口元のバランスが崩れることがあります。さらには歯の根っこが顎の骨から飛び出してしまうこともあります。

・かみ合わせは奥歯からズレていることがあります。前歯だけ治すと見た目には改善しますがそのためにかえって、かみ合わせが崩れて噛めなくなってしまうことがあります。

・お子様の成長がある時期にしかできない治療があります。奥歯のズレは下顎の成長を促す治療をしていれば治すことができ、口元のバランスももっとよくできた可能性があります。

・そもそも、治療を開始する時にレントゲンや模型、記録写真を採ってもらっていなかったそうです。これらの資料がないとゴール設定も曖昧になりやすく、期間面でも料金面でもトラブルになるケースがあるので注意が必要です。