歯科コラム

歯並びが悪いのは遺伝のせい?

更新日:

こんにちは、江戸川区一之江の矯正治療専門クリニック、ステラ矯正歯科院長の西田です。

お子様が大きく口を開けて笑う時、仕上げ磨きの時など、どうしても子供の歯並びが気になります。
ご両親の歯並びが悪い場合「もしかしたら子どもの歯並びも悪くなるのでは」とご心配される親御さんがたくさんいらっしゃいます。

その一方で「両親の歯並びはキレイだから、子どもの歯並びも問題ない」とお考えのご両親もおられます。

歯並びは遺伝するのでしょうか?

お子さんの歯並びを決める要因には、お父さん、お母さんからの遺伝的な要素と育ち方による環境的な要素に分けられます。

遺伝的な要因(内的要因)

ご両親から遺伝するのは、上下の骨格バランス、あごの大きさや骨の形、歯のサイズなどが影響を受けることがあります。特に親からの影響が強いのは、『受け口(反対咬合)』や『出っ歯(上顎前突)』などです。「歯並びが遺伝する」というより、「骨格や歯の生え方、大きさなどが遺伝します。親子の顔立ちってとても似ていますよね。それは顔を作る土台が似ているためです。親のあごが小さく歯が並びきらずにガタガタしている場合、やはりお子さんのあごも小さいことが多いので同じように歯がガタガタしてくることが予想されます。ただ、歯並びの悪さは遺伝だけで決まるものではありません。遺伝は一つの要因です。一般的に遺伝の影響は3割程度だと言われています。

環境的な要因(外的要因)

子どもの歯並びが悪くなるのは、遺伝だけではなく小さい頃の生活習慣も関係しています。

歯並びに悪影響 生活習慣が歯並びの7割を決定づける

歯並びに影響する生活習慣とは、具体的には「食生活」「姿勢」「癖(くせ)」「むし歯のケア」などのことです。一つ一つは生活していく上では当たり前のことなので、歯並びとの関係性にピンとこないものもあるかもしれません。

お口周りのクセ

子供の場合、指をしゃぶる習慣を長く続けていると上下の前歯の間が開く『開咬(かいこう)』につながっていきます。指の吸引によって上あごが狭くなりどちらかにあごを寄せて噛む癖も出てくるためにあごの横ズレへとつながるケースもあります。また、唇を巻き込んだり、噛んだりするクセがあると『出っ歯』なる原因になります。その他、「唇や爪、毛布やタオルを噛むクセ」「口の中の舌の癖」なども歯並びに影響します。指しゃぶりは3歳を目安にお子さんの様子を観察しながら声掛けを始め、少しずつ辞めさせていきたいですね。

歯並びに影響するのはお口周りのクセだけではありません。その他にも気をつけて頂きたいのが「寝癖」「ほおづえ」です。これらも歯並びに影響が出ます。

頭はだいたい5kg程、ボーリングの球と同じくらいの重さがあります。寝るときにいつも横向きやうつぶせで同じ側を下にしているとボーリングの球があごの骨や歯並びを押すのと同じことになるので、顔の骨格や歯並びをゆがめてしまう要因になります。

また、成長期である子供の骨格は、まだやわらかいので、「ほおづえ」をついて授業を受けたり、T Vを見たり、本を読んだりすると顔にゆがみがあらわれたり、歯が斜めになってしまったり、奥歯のかみ合わせのズレにもつながります。ほおづえにも注意が必要です。

乳歯のむし歯

乳歯がむし歯になっても「永久歯が次に生えてくるからいいよね。」とほっておいてはいけません。乳歯は永久歯が骨の中で育つ間、永久歯のスペースを確保しておくという役割があります。むし歯が進行し乳歯を抜いた場合、となりの歯が抜いた歯の隙間にずれてきます。そうするとその後に生えてくる永久歯の歯並びに影響がでてきますので、まずはむし歯を作らないこと、できてしまったら早めに治療すること、早めに抜歯になってしまった乳歯の隙間はしっかりキープすることがとても大切です。

お口ぽかんになってませんか?

もう一つ歯並びに影響する大きな習慣として呼吸が挙げらます。お子さんがテレビを見ているとき、絵本に集中しているとき、寝ているとき...お口はしっかり閉じているでしょうか?お口がぽかんと開いていませんか?鼻炎のあるなしに関わらずこういった口呼吸のお子さんがとてもとても多いです!口呼吸は歯並びに影響します。口呼吸では舌の位置がどうしても下あごの底にあり、歯並びを狭くする原因となったり、下あごの成長方向に影響します。(舌の正しい位置は上あごの内側に収まっている状態です)また、前歯は唇で押さえられないため出っ歯になりやすいです。

呼吸は命に係わる大事な機能ですが、誰から習うものでもないので、知らない内に口呼吸になってしまいます。口呼吸は人間のする呼吸方法としては間違っています!口は食事をしたり、話したりするのに使う組織で、呼吸は鼻でするものです!それをぜひお子様にしっかり教えて頂きたいと思います。鼻呼吸のメリット、口呼吸のデメリットについてはまた別の機会にお伝えしたいと思います。鼻の調子が悪い場合は耳鼻科を受診して、しっかり使える鼻にしてもらいましょう。

食事のしかた

箸やお茶碗の持ち方など食事のマナーについて教えることはあると思いますが、食べ方も見てあげてほしいと思います。お口を閉じて奥歯でしっかり噛みしめているでしょうか?くちゃくちゃと口を開けて食べているときは鼻が通りにくく口呼吸になっている可能性があります。

また、歯が生えてくるときの違和感で片方ばかりで噛むクセが出ることがあります。片方噛みが続くとあごの横ズレにつながることがありますので、お子様が食事をするところを見てみて下さい。両足をしっかりついて背筋を伸ばし、両方の奥歯で均等に食べ物がしっかり摺りつぶされるまで噛むことを教えてあげてほしいと思います。

子どもの歯ならびの矯正を考える時期は?

子どもの歯ならびの矯正は、骨の成長がある時期にしか行うことができません。骨の成長を利用して、あごの前後的なズレを治したり、狭いあごを広げたりします。大人になってからではこうした土台のズレを治すことはできないので、治療期間が長くなってもより良い治療結果のためにお子様のうちからの治療開始をお勧めします。

乳歯が抜け始め、永久歯が生えてくるのは6歳(小学校1年生)くらいです。永久歯が生えそろうのは12、13歳(小学校6年生、中学校1年生)くらいです。

土台から整えるお子様の治療で、治療開始に最適な時期は成長が最も活発な8~9歳(小学校3年生)位です。ただ、成長の状況や性別、生え変わりの様子は個人差があるので小学校1年生になったら一度専門クリニックでご相談していただき、最適な時期を教えてもらうのがベストです。

まとめ

歯並びの良し悪しは、遺伝的な要因と生まれてからの環境的な要因から影響を受けています。両親の歯並びに問題がないからといって、このような環境的要因を長く放置していると、歯並びが悪くなる場合もあるので注意しましょう。

「歯並び」は「遺伝」の影響もありますが、影響が大きいのは「環境」です。その環境はご両親が作ってあげてください。

お子様が小学校1年生になったら、歯並びや骨格に問題が潜んでいないか専門家のチェックを受けましょう。

-歯科コラム
-, , , , ,

Copyright© お知らせ・ブログ|江戸川区一之江の歯並び専門のステラ矯正歯科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.