歯科コラム

慣れる?痛い?目立つかな?気になる子どもの矯正装置について 

更新日:

こんにちは、江戸川区一之江のステラ矯正歯科です。今回はお子さまに使う矯正装置についてお伝えします。海外の映画を見ているとしばしば矯正装置をつけている登場人物を見かけます。こんな装置を口にいれて大丈夫かしら?お友達にからかわれてしまうのでは?と心配される親御さんも多いのではないでしょうか。映画では誇張されて描かれている場合が多いと感じます。まずはお父さんお母さんに装置のことを知っていただきお子様に先入観なく伝えていただきたいと思います。

1そもそも子どもの矯正治療の目的って?

2拡大装置(歯並びを横に広げる装置)

 2-1.拡大床

 2-2.クワドヘリックス、バイヘリックス

 2-3.急速拡大装置

3機能的矯正装置(前後的な顎の成長を助ける装置)

 3-1.バイオネーター

 3-2.シリコン製機能性矯正装置(トレーナー、プレオルソ)

4その他の成長を助けてくれる装置

 4-1.上顎前方牽引装置

 4-2.チンキャップ

 4-3.ヘッドギア

5マルチな機能を持つ装置

 5-1.ユーティリティアーチ

 5-2.小児用マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)

6まとめ

1.そもそも子どもの矯正治療の目的って?

一口に子供といっても年齢は様々です。矯正治療は、患者さん自身に体の成長があるかどうかで2段階に分かれる治療です。成長が盛んで、乳歯が残っている場合はまずは土台であるアゴの骨のバランスを整える治療を行います。これはⅠ期治療と呼ばれていて、8、9歳の成長が活発な時期にスタートすることが多いです。この時期に土台であるアゴのバランスを整えておくと最終的に歯並びを仕上げる際、より良い歯並び、かみ合わせにできる可能性が高くなります。成長のある時期しか骨のバランスは変えることができません。矯正治療では、患者さんの骨のバランス、成長の様子、家族の歯並び、生え変わり、呼吸の状況など様々な要因を考慮して一人一人のお子さんに合った装置を選択、また成長に合わせて変更していきます。

装置の分類方法はさまざまですが、今回は目的別で分類してみました。お子さんに使用する装置はたくさんの種類がありますが当院でよく使用するものを取り上げています。また似ている装置でも商品名が違ったり、呼び方が違う場合もあります。ご了承ください。

2.拡大装置

最近の子供たちはアゴが小さく、歯が大きい子がとても多くいます。そうなると歯並びが狭く永久歯が生えてくる隙間が足りない場合が多いです。拡大装置はズバリ狭い歯並びのアーチを広げる装置になります。当院では以下の3つをよく使用します。

2-1.拡大床

取り外しできる装置です。上あごや下あごの内側全体を覆うプラスチックの床と歯の表側を通るワイヤー、拡大ねじからできています。当院では食事と歯磨き以外の終日使用が基本となります。装置の真ん中にねじが埋め込んであり、週に1,2回ねじを回すことで装置が横に徐々に広がります。主に歯が頬っぺた側に傾斜するように広がります。

2-2.クワドヘリックス、バイヘリックス

奥歯にバンドと呼ばれる金属の輪っかを接着します。輪っかとワイヤーが連結されており、ワイヤーに組み込まれたばねをぎゅっと縮めた状態で歯並びに固定するためループがもとに戻る力で歯並びが広がる仕組みです。歯が頬っぺた側に傾斜する動きと、上あごの骨自体を広げる効果の両方が期待できます。

下あごに使用する場合はバイヘリックスという装置になります。

2-3.急速拡大装置

第一小臼歯と第一大臼歯に金属の輪っかを接着して固定します。輪っかと拡大ねじが太いワイヤーでつながっており、お口の中の拡大ねじを回していくことで上あご自体を横に広げる装置です。当院では2日おきにねじを回していただきます。どんどん広げていくイメージなので、前歯の間に隙間ができます。約2か月ほどで広げたのち、骨が固まるまでしばらく固定します。ワイヤーのみの構造のハイラックス型とプラスチックの床が組み合わさったハース型があります。

3.機能性矯正装置

ばねやゴムの力で歯を動かすのではなく患者さん自身のお口の周りの筋肉を利用したり排除したりして歯並びを整える装置です。

3-1.バイオネーター OC1

寝るときに使用していただく装置で、歯の表側にワイヤーが通り、上あごの内側にもワイヤーがついていて横に広げられるようになっています。あとはプラスチックでできており、咬みこむと下あごがやや前に誘導されるような構造になっています。いつもより下あごを前に突き出した状態で寝ていただくことで下あごが前に成長する装置です。開咬や受け口でも使用できるタイプもあります。

3-2.シリコン製機能性矯正装置(トレーナー、プレオルソ)

寝るときと起きている時にトレーニングのために1時間使用していただく装置です。シリコンでできた既製品で色々な硬さ、大きさ、形状がありお子さんの状況に一番合ったものを使用していきます。頬からの力を排除することによって歯並びを広げたり、正しい舌の位置を自然に覚えられるタングタグがついています。お口に入れると唇が閉じにくくなるため、その状態で口唇をぎゅっと閉じることで口輪筋を鍛え、鼻呼吸のトレーニングができるようになっています。

4その他の成長を助けてくれる装置

4-1.上顎前方牽引装置

上顎前方牽引装置(フェイスマスク)は顎とおでこを固定源として、上顎全体を前に引っ張り出す装置です。お口の中に固定式の装置が入り、ゴムをひっかけられるようなフックをつけます。毎晩お口の中のフックとフェイスマスクのフックにゴムを引っ掛けて寝ていただきます。寝相が悪いと外れてしまうこともありますが徐々に慣れていきます。どうしても回ってしまう場合はおでこの装置のパット部分がずれないよう水泳帽やヘアバンドで固定していただくことで朝まで使用できるようになることもあります。

4-2.チンキャップ

頭にかぶるキャップと顎のパッドがゴムで繋がっており下顎の成長方向を変える装置になります。夜寝るときに使用します。下顎の成長を抑えたり、垂直方向の成長が強い(おも長な成長)場合に使用します。成長終了するまで長期間使用することが多いです。

4-3.ヘッドギア

上顎の成長を抑えたり、上の奥歯を後ろや上方に移動するために使用します。上の奥歯に装置を固定する金属の輪っかを接着します。そこにワイヤーを差し込みワイヤーとバネやゴムのついたネックストラップやヘッドキャップと結ぶことによって奥歯や上顎に力を伝えていきます。お子さんの骨格のバランスによっても引っ張る方向が変わります。(サービカルヘッドギア、ハイプルヘッドギア)

5マルチな機能を持つ装置

5-1.ユーティリティアーチ

前歯が大人の歯、横の歯が乳歯のお子さんで前歯のガタガタをとったり、歯の傾きの調整をしたり、お口のゴムをひっかけられるようにしたりと色々な目的で使用されます。奥歯を一箇所、前歯を4箇所にブラケットをつけワイヤーを装着します。横の乳歯には装置をつけません。取り外しができず、歯磨きも難しい装置ですが、お子さんの装置の中では珍しい精密な動きの調整ができます。

5-2.小児用マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)

永久歯の歯並びを治すために使用するマウスピース型矯正装置が、乳歯が残るお子さん用に工夫され使用されるようになってきています。乳歯は永久歯と比較して小さかったり、生え変わりもあるため大人用と違う技術が使われています。透明で目立ちにくく、取り外しができるのでトラブルが少なく、歯並びを広げたり、ガタガタをとったり、歯の傾きを変えるという動きが一度にできる利点があります。終日使用になり、1週間から10日ごとに新しいマウスピースに変更していきます。

6まとめ

お子さんの矯正治療と言っても、様々な方法、装置があることがイメージできましたでしょうか。今回は目的別に分類してみましたが、取り外しができるかどうか、どんな力のかけ方をするかなどによって分類の仕方も変わります。また、金属アレルギーがあるお子さんでは使用できない装置もあります。

装置をつけた直後は『うわー』という反応のお子さんが多いですが、1ヶ月後のチェック時にはそれなりに慣れている場合がほとんどです。歯が動くときには少し痛みや違和感がありますが、これも徐々に慣れていきます。もし、歯ぐきや粘膜に食い込むような痛みがある場合は装置を中止するかすぐにご連絡いただいて調整が必要になります。

また、装置を使用するのと同時に舌や姿勢、口呼吸をやめるための機能訓練も大切です。装置の力で歯並びが綺麗になってもこのような癖が残っているとまた後戻りの変化が起きてきてしまいます。

慣れるまでは起きている時に使用してもらったり、順番に装置を増やしていったり、お子さまの性格によっても進め方を調整することもできますので心配なことがあったら相談しながら治療できたらと考えております。

参考文献:歯科矯正学 医歯薬出版株式会社

-歯科コラム
-, , , , , , ,

Copyright© お知らせ・ブログ|江戸川区一之江の歯並び専門のステラ矯正歯科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.