女性医師が提供する人生を豊かにする矯正治療 ステラ矯正歯科女性医師が提供する人生を豊かにする矯正治療 ステラ矯正歯科

東京都江戸川区一之江7-73-11Casa一之江1F

ワイヤーと
マルチブラケット装置
による矯正治療

ワイヤーと
マルチブラケット装置
による矯正治療

個々の歯にブラケットと呼ばれるボタン状の装置を接着しそのボタンに歯並びのアーチの形をしたワイヤーを固定することによって歯を動かす治療です。現在の矯正治療の主要な矯正装置です。
1928年にアメリカのアングル先生が発表された治療方法ですが、現在でも基本的な装置の構造に変化はなく歴史のある治療方法です。

ワイヤー矯正のメリット

日本矯正歯科学会で認定医や専門医の試験でもこの装置を使用することが義務付けられています。

幅広い症例に適応できる

スロットと呼ばれる溝にワイヤーを固定することによって歯を移動していく仕組みになります。四角いスロットに四角いワイヤーをねじって固定することにより歯を3次元的に動かすことができます。また、歯に直接接着するため力が確実に装置に伝わります。
抜歯治療をはじめ、マウスピース型の矯正装置では難しい複雑な歯の移動も可能です。

結果に安定感がある

2005年の文献では従来のワイヤー矯正とマウスピース型矯正治療装置(インビザライン)の治療結果をそれぞれ評価し比較したところインビザラインの方が点数が27%低かったという結果が出ています。
(Djeu G at al;Am Orthod Dentofacial Orthop 2005;128(3)292-298)
もちろん、現在のインビザラインは技術革新が目覚ましいため2005年の治療結果と単純に比較はできませんが、ワイヤーによる治療方法には結果に安定感があります。

歯の状態に合わせて
その場で調整できる

来院時、状況に合わせてその場で調整をすることができます。マウスピース型矯正装置では、装置の不適合があってもその場では型取りを行い、その型取りを元にマウスピースを再作成し、後日セットになります。

24時間、歯の移動ができる

取り外せる装置では無いため、患者様の協力度に関係なくある程度の結果を出すことができます。矯正用アンカースクリューの併用で、奥歯の移動を制限するために就寝時に使用していただく帽子のような装置(ヘッドギア)や、お口の中の取り外していただく輪ゴム(顎間ゴム)の使用状況によらず、より理想のゴールを達成できるようになってきています。

ワイヤー矯正のデメリット

違和感

装置の構造上、突起になっている部分があり慣れるまで痛みを訴える患者様がいらっしゃいます。どうしても痛いときは突起部分に樹脂のカバーをつけられます。数ヶ月経つと粘膜が強くなり最初はカバーだらけの患者さんも徐々にカバーをしなくても過ごせるようになります。

むし歯や歯周病のリスクが
あがってしまう

複雑な装置が一定期間お口に入るため歯磨きが難しくなります。当院では予めむし歯リスク判定を行い、ハイリスクの患者様には特にケアに気をつけて頂きます。通常より時間をかけて歯磨きを行なって頂く必要があります。長い治療期間を活かして、一緒に正しい歯のケアの仕方を身につけましょう。

救急処置が必要な場合がある

固定式装置ですが、一生つけておく装置ではないので、一定以上の力が加わると装置が外れてしまいます。それにより部位によっては痛みが強く急な来院が必要になる場合があります。
そのような事態を防ぐため、粘性の強いお餅やキャラメル、硬いおせんべいや氷のような食べ物をバリバリ噛むことは控えていただいた方が良さそうです。

目立つ!?

最近では歯の色に馴染む審美性の高い装置が多く出てきています。また、ワイヤーに白いコーティングがされているものもあります。これらの組み合わせにより金属の装置に比べるとかなり目立ちにくいものになります。ご希望に応じて当院でもこれらの装置を使用致します。ただ、治療途中でお口の中に輪ゴムを使用していただくことがあり、場合によっては前歯にも使用することがありますのでご了承ください。(これはどの矯正装置でも使用するものになります。)

ワイヤー矯正の仕組み

1つ1つのブラケットには歯がキレイに並んだり
しっかりと噛み合わせを作るのに必要な情報が
組み込まれています。

step1

最初、歯はガタガタなので、細く柔らかい形状記憶のワイヤーを固定することによって弱い力で歯を動かしていきます。形状記憶合金を使用したワイヤーのためぐにゃぐにゃに曲がったように見えても徐々に元のまっすぐした形に戻っていきます。
歯が動いてきたら順々と太いワイヤーに交換していきます。

step2

ある程度、歯が並んでまっすにになったら硬い材質のワイヤーでしっかり噛むように微調整をしていきます。
また抜歯治療の場合は、歯を抜いたスペースを閉じていきます。

step3

step1である程度歯はキレイに並んでしまうため、step2、3でいかに噛ませていくかが矯正医の腕の見せ所です!表側から見て、しっかり噛んだら、スキャナーで裏側からの噛み合わせをチェックします。
裏側からも噛んでいたら装置を外します!

より良い治療結果のために・・・
ご協力おねがい致します!

顎のズレを治したり、目的の歯を目的の方向に動かすため患者さんご自身でお口の中に輪ゴムを使用して頂く必要があります。

装置が複雑で取り外せないため歯磨きのご協力をお願い致します。矯正したのにむし歯だらけになってしまうのでは本末転倒です。。。

調整後の痛みや、装置破損のトラブル防止のために食べ物に制限があります。

より歯を確実に、効率良く動かすために歯科矯正用アンカースクリュー

歯を支える骨に直径1.6mm、
長さ6mmの小さなネジを入れることにより
歯を確実に、効率良く動かす技術です。

なぜ歯科矯正用アンカースクリューを
使用するの?

矯正治療では歯を弱い力で押したり、引っ張ったりして歯の移動を行うのですが、どうしても押される側、引っ張られる側にも力がかかってしまいます。そのため動かしたい歯だけを動かすことは出来ず、固定しておきたい歯まで一緒に動いてしまう現象が起きます。
そこで、固定しておきたい歯の移動を避けるため帽子のようなヘッドギアと呼ばれる装置を1日10時間ほど寝るときや家にいるときにかぶっていただく必要がありました。
ただ、大人の場合、長時間の使用が難しかったり、思春期の患者さんだと十分に協力が得られず思うような治療結果が得られないことが問題でした。

インプラントアンカースクリューを使用すると、固定しておきたかった歯とスクリューを繋いでおくことによりヘッドギアを使用しなくても、望ましく無い歯の移動を避けることができるようになりました。さらに、これまでかなり難しいとされていた歯の動きも予想通りに、効率良く行うことができるようになり、治療結果もより良好となっています。

スクリューを骨に打つなんて、怖いイメージですが、論文では色々な矯正治療(歯と歯の隙間を開ける処置、抜歯、1番初めのワイヤー、アンカースクリュー)のうちもっとも予想に反してそれほどの痛みでなかったという結果が出ています。 (Tony C.K.Lee. Angle Orthodontist,Vol 78,No 2,2008)

埋入の流れ

  • 1、表面麻酔
  • 2、埋入
  • 3、終了

使用場所

  • 1、上顎の奥歯のおもて側 第1大臼歯の近く
  • 2、上顎の裏側 中央
  • 3、上顎の奥歯のうら側
  • 4、下顎の奥歯

目的の歯の動きが終わったら
速やかに外します。
外すときは麻酔の必要はありません!

注意点
成長期で骨の成長が活発な中高生や骨の柔らかい女性では、ネジが定着しない場合があります。このときは別の部位に再度埋入が必要です!それでも外れてしまう場合は従来のヘッドギア等の装置を使用させて頂きます。

弱めの歯磨きで
スクリュー周辺を清潔に保ちましょう!