東京都江戸川区瑞江4-42-1グランドバース日新1F

ご予約・お問い合わせ

電話のアイコン03-5664-6104

メニュー

歯科衛生士さん募集中

ステラ矯正歯科
八重歯の矯正治療

八重歯の歯並びでお悩みの方へ

八重歯が気になって思い切り笑えない、口内炎ができて痛いなど、八重歯でお悩みの方に、八重歯の矯正治療についてお伝えします。

八重歯とは?

八重歯の人の口内写真

八重歯とは、上の真ん中の歯から数えて3番目の「犬歯」と呼ばれる歯が、歯茎の上の方から外側へ向かって飛び出すような歯並びを言います。
八重歯は、叢生(そうせい)不正咬合の一種です。
日本では、八重歯はカワイイと言われることもありますが、海外ではあまり印象は良くないようです。また、むし歯や歯周病のリスクが高まるだけでなく、唇を噛む・刺さる・引っかかるなど口内炎になりやすかったり、唇や顔の形にも影響することがあります。

八重歯ができる原因

子供の歯と大人の歯はサイズが異なる。入試に隙間がないと大人の歯のスペースが足りない。大人の前歯が生える時、乳犬歯まで抜けてスペースを使ってしまう。犬歯は骨の中。最後に生える犬歯が外側に追い出されて八重歯になる。

八重歯の主な原因としては、「あごの大きさが小さいこと」「永久歯が大きいこと」などにより、犬歯の生えるスペースが足りない場合に発生します。
犬歯は最後に生えてくることが多いため、永久歯が隙間なく並んでいると、外側に押し出されるように犬歯が生え八重歯になります。
日本人はあごが小さい人が多いため、骨格的に犬歯の生えるスペースが元々ない場合が多くあります。

八重歯のリスク・デメリット

  • 見た目のコンプレックス

    笑うと八重歯がニョキッと見えることは、10代まではカワイイと言われることもありますが、大人になると気になる方も多くいらっしゃいます。
    八重歯が気になって思い切り笑えないなど、コンプレックスになってしまうこともあります。

  • 奥歯に負担がかかる

    奥歯は垂直的な縦の力には強い形をしていますが、歯ぎしりや咀嚼など横からの力には弱い形になっており、犬歯は奥歯を横の力から守る役割を担っています。これを「犬歯誘導咬合」と呼びます。
    八重歯など、犬歯が正しい位置にない場合は、奥歯に負担がかかり、欠損に繋がることもあります。

  • 口内炎になりやすい

    尖った犬歯は、口の中や唇を噛む、刺さるなどで口内炎ができることがあります。

  • むし歯や歯周病になりやすい

    八重歯は、歯が重なっているなど複雑に入り組んでいるため、歯磨きがしにくいなどが原因で、むし歯や歯周病になるリスクが上がります。

  • 口臭の原因になる

    八重歯があることで口が閉じにくいと口が開いたままになります。口で呼吸をした状態が続くと、口内が乾燥し唾液の分泌量が減ることで菌が増殖し、口臭の原因になります。

ステラ矯正歯科の
八重歯の矯正治療

八重歯の矯正治療の方法は、小臼歯を抜歯する方法、抜歯しない方法、全体的に矯正する方法、部分的に矯正する方法など色々な方法や考え方があります。
治療方法や考え方は様々ありますが、矯正治療後の仕上がりイメージをしっかり確かめてから決めることをオススメします。

マウスピース型矯正装置
「インビザライン」

透明で目立ちにくい矯正

ご自身の歯並びからコンピューター上でシミュレーションを行い、治療のゴールに向かって歯並びを少しずつ変化させたマウスピースを作成します。
マウスピースを1日22時間装着していただき、1週間〜10日ごとに次のマウスピースに取り替えていきます。マウスピースに合わせて少しずつ歯が動き、きれいな歯並びへと導いてくれます。
透明で目立ちにくいというメリットがありますが、歯並びの状況によっては部分的にワイヤー矯正を行う必要もあります。また装着時間を守らなければ、治療がうまくいかないなどのデメリットもあります。

ワイヤーとマルチブラケット
装置による矯正治療

幅広い歯並びに対応

ブラケットと呼ばれる溝のある装置を歯に接着させます。ブラケットの溝にワイヤーを固定することで歯がワイヤーの形状に合わせて動いていきます。
ブラケットの溝には、最終的に歯が正しい傾きや場所に来るように情報が組み込まれており、しっかり噛める咬み合わせへと導いてくれます。
100年以上の歴史があり、多くの歯並びに適応できます。
しかし構造が複雑なため、むし歯リスクが高くなるデメリットがあります。当院では、むし歯予防プログラムで、矯正治療中も歯を守るようサポートを行っていますのでご安心ください。
また矯正装置が目立つことが気になる方は、透明で目立ちにくいブラケットもご用意しております。
治療結果が安定しているため、矯正治療を専門に行うクリニックでは一般的な治療方法です。

八重歯の治療開始時期

  • Ⅰ期治療

    犬歯が生えてくる前でも、レントゲンで八重歯になりそうなことはわかります。犬歯が生えてくる前までは、顎を広げて八重歯を予防していく治療をおこないます。

    お子さま
  • Ⅱ期治療

    八重歯の本格矯正治療は、13歳以降で成長が止まってから開始します。お口の状況に合わせて、治療計画を立てていきます。

    女性

Ⅱ期治療での八重歯の治療方法

小臼歯の抜歯が必要なケース

元々八重歯になる方の多くは、永久歯が並ぶスペースがないことから犬歯が前に突き出してしまい八重歯になります。そのため、スペースのないところに犬歯を並べようとすると、他の歯が全体的に前に押し出された状態で並んでしまいます。そうすると出っ歯になり口元が前に出てしまい、口元のバランスも悪くなります。さらに、無理やり並べた歯並びは、後戻りしやすい状態になります。

永久歯が並ぶスペースが
足りない場合

犬歯の隣の歯(小臼歯)の抜歯が必要になります。抜歯をすることでスペースを作り、その部分に犬歯を移動させて歯並びを整えます。

抜歯しないでガタガタをそのまま並べると
ガタガタはとれるけど、口元のバランスがくずれてしまう
小臼歯を抜歯して犬歯を並べると口元のバランスは保てる

小臼歯の抜歯をしないケース

口元がもともと入りぎみな場合

鼻が高くオトガイと呼ばれる顎の先端が出ていて、白人のように口元が引っ込んでいる方の場合は、小臼歯を抜歯して八重歯を並べると口元がさらに下がり過ぎてしまい、白雪姫に出てくる魔法使いのお婆さんのような口元(dish face)になってしまいます。
これを防ぐためには、できるだけ歯並びの横幅を広げる治療や歯と歯の間を削ってスペースを作り八重歯を並べていきます。
そうすることで、口元が下がりすぎるのを防ぐことができます。
軽度の八重歯の場合は、適応になります。

スペースをつくるために小臼歯の抜歯をすると、前歯の位置がうしろに下がります。もともと口元が入っている方はもっと入ってしまいます。

気をつけて!
八重歯の矯正治療の注意点
八重歯は抜歯しないで!!

八重歯を治すために、八重歯の抜歯をしている症例を見ることがありますが、当院ではお勧めしておりません。
飛び出している八重歯(犬歯)を抜けば、すぐに気になる八重歯をなくすことはできます。
しかし、犬歯には重要な役割があるため、将来を考えるとご自身のためにはならないと考えます。

犬歯の役割

犬歯同士が当たることで奥歯が離れる。あごが横にずれた時犬歯の働きで奥歯は守られる

犬歯は、歯の根が太く長くしっかりしており、他の歯を守る役割をしています。
歯は縦方向にかかる力には強いのですが、横方向から揺さぶられる力には弱いです。食べ物を噛む時、奥歯には横に揺さぶるような力がかかります。
この時、上下の犬歯同士があたることで上下の奥歯が離れ、横から揺さぶられる力から歯を守る仕組みがあります。
そのため、犬歯を審美目的で抜くことはしません。
また当院では、八重歯など歯並びの治療では、犬歯同士が正しい位置で噛み合うことを治療のゴールとしています。

ステラ矯正歯科
八重歯の症例

case1中学3年生のAさんの場合

症例概要

八重歯の女の子の口内写真

骨格の垂直的、前後的、水平的バランスに問題がない症例です。上下の口唇バランスに関しても強い突出はなく概ね良好となっています。奥歯の位置関係は両側ともにずれがあります。上の前歯の傾きは出っ歯が強いです。歯のサイズが平均よりかなり大きめで犬歯の生えるスペースが足りず、八重歯となっています。下の歯も同様にガタガタしています。

治療計画

歯並び、咬み合わせの改善のため上下左右第一小臼歯(真ん中から数えて4番目の歯)を抜歯し、口元のバランスをキープしたまま八重歯やガタガタを改善します。上の奥歯は矯正用アンカースクリューを使用して固定し、下の奥歯は顎間ゴムを使用して前方にずらし奥歯の噛み合わせを修正する計画としました。

治療経過

3ヶ月目
8ヶ月目
14ヶ月目

治療結果

ブラケットによる治療期間は1年8ヶ月でした。現在はリテーナーを使用し歯並びの安定を経過観察しています。骨格バランスに関しては治療前後でほぼ変化はありませんでした。歯並び、噛み合わせともに改善しました。上下の口唇がEラインに対して下がって美しい横顔のバランスとなっています。

  • 八重歯の女の子の口内写真

    治療前

  • 八重歯の矯正後女の子の口内写真

    治療後

矯正治療費用

矯正治療費:750,000円 審美ブラケット材料費:100,000円 処置料:5,000円×21回
リテーナー代:50,000円(オプションのビベラリテーナー+20,000円)

リスク

小学1年生から6年生まで一般歯科にて床矯正を受けており、初診時より歯根が短い状況でした。治療後のレントゲン写真を見ると歯根吸収の進行を認めます。ただし、歯の動揺はなく生活上支障はありません。

case230代女性のBさんの場合

症例概要

八重歯の女性の口内写真

骨格の垂直的、前後的、水平的バランス、奥歯の位置関係に問題がない症例です。上下の口唇バランスはやや下唇の突出が強い状況でした。歯のサイズが大きめで犬歯の生えるスペースが足りず、八重歯となっています。下の歯はやや出っ歯の傾向と軽度のガタガタがありました。

治療計画

咬合の改善のため上下左右第一小臼歯(真ん中から数えて4番目の歯)を抜歯し、口元のバランスをキープしたまま八重歯を改善します。顎間ゴムを使用する計画としました。TCH(噛みしめ癖)があったため筋機能訓練(MFT)を行いました。

治療経過

初回
7ヶ月目
12ヶ月目

治療結果

ブラケットによる治療期間は1年6ヶ月でした。現在はリテーナーを使用し歯並びの安定を経過観察しています。骨格バランスに関しては治療前後でほぼ変化はありませんでした。歯並び、噛み合わせともに改善しました。下の口唇がEラインに対して後退し初診時より美しい横顔のバランスとなっています。機能訓練で後戻りに関係する舌の位置も改善することができました。

  • 八重歯の女性の口内写真

    治療前

  • 八重歯の矯正後の女性の口内写真

    治療後

矯正治療費用

矯正治療費:700,000円 審美ブラケット材料費:100,000円 処置料:5,000円×20回
リテーナー代:50,000円(オプションのビベラリテーナー+20,000円)

リスク

下のガタガタを並べた際に軽度の歯肉退縮がでました。歯と歯の間に三角形の隙間があります。治療後半でIPR(歯と歯の間を少し削る処置)を行い、三角隙間をできるだけ小さくしました。

ご予約・お問い合わせ

江戸川区一之江・瑞江・船堀で歯並びの
ご相談・矯正治療をお考えの方は、
ステラ矯正歯科にご相談下さい。

ステラ矯正歯科
お電話でのお問い合わせはこちら

電話のアイコン03-5664-6104

メールでのご質問・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

初心矯正相談 レントゲン撮影、お口の写真撮影など簡単な検査を行いご説明します
無料矯正教室開催中 毎週第4土曜日10:30

初診矯正相談

top

電話アイコン03-5664-6104

初診矯正相談